<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

一目惚れ

<11日のお弁当>
ミックスベジタブルハンバーグ・マカロニサラダ・茹でブロッコリー
ご飯&ふりかけ・リンゴの蜂蜜レモン煮・新高梨
d0098619_15541184.jpg



秋らしくなり、一目惚れして買ったこちら。
d0098619_15542663.jpg

私、お財布は一度買うと平気で5年以上は使ってる位、使いやすければ
あまり買い換えたりしないのですが、これは妙に欲しくなり衝動買い。
人生初の「季節限定」お財布です。←大袈裟


今までのも長財布でしたが、小銭の部分が薄いからか取り出しにくく、
いつも財布に手を突っ込んで掻き出すように小銭を探すのが、スマートではなくて…

こちらのお財布は小銭の所も中に仕切りがあり、L型にファスナーが開くので、大変使いやすい。
カードの収納スペースも多く、主婦には有難い。
お陰でパンパンに膨らんでゴツい(笑)けど、秋冬使い倒すわ♪
[PR]
by mino_1968 | 2012-10-11 15:50 | 買い物 | Comments(0)

中間前なので

<6日のお弁当>
おにぎり二種・シュウマイ・枝豆・赤かぶ漬物
d0098619_12251998.jpg

<7日のお弁当>
ホットドッグ&カボチャサラダサンド・キュウリとパプリカの甘酢炒め・マスカット
d0098619_12274215.jpg


休日ひとり分のお弁当なので、簡単に済ませちゃいました。


三連休はいかがお過ごしですか?
県内各地でイベントや住民運動会、お祭り等、盛んでしたね~。
今日は秋晴れの良いお天気、ドライブ行きた~い、でも、娘達明日から中間テスト
なので、お出掛け無し(ToT)

ま、試験がなければ、どうせ部活の休日練習だろうから、結局はお出掛け
出来ないんですけどね。

英検も近いということで、長女の学年は先生が連休中、試験対策講座を開催して
くれまして、長女は学校へ。
午前は受ける級別授業、午後は中間テスト対策授業、と至れり尽くせりでした。

次女は泣きながら数学の勉強、私は付きっきりで家庭教師。
何でこんな事が分からないのか…と、段々苦しくなってきてしまい、
悩ましい休日でした。
9月は体育祭や部活が忙しかったんだけど、これじゃいかんな。
生活を見直さねば…次女。

d0098619_19581583.jpg

仕方がないので、夫の出張土産、仙台の牛タンで旅行気分にでも…なれません(泣)
超肉厚&コリコリで、美味でした。

はぁ~温泉行きたい…
[PR]
by mino_1968 | 2012-10-08 19:23 | 子育て | Comments(0)

CATS (^^)

<4日のお弁当>
稲荷寿司・筑前煮・キュウリとワカメの酢の物・じゃがいもコロッケ・巨峰
d0098619_950840.jpg

<5日のお弁当>
チキンカツ・ほうれん草とベーコンのソテー・ニンジングラッセ・キャベツのナムル
雑穀ご飯・煮豆
d0098619_9524686.jpg



今月のネイルはこれ。
d0098619_95315100.jpg

巷で流行中なネコ柄ネイル♪
やっぱり赤はテンション上がる、好きな色。
肉球が可愛い、足跡模様もいれればよかった~と、後で気づいたわ(>_<)

犬派か猫派かと聞かれれば断然猫!!
実写なネイルシールも見せてもらったけど、
昔実家で飼ってた猫そっくりな顔のがあり、きゅーん。
旦那の両親が婚約前初めて、実家に挨拶にみえた日の早朝に死んでしまった
ので、泣きはらしてお岩みたいな目元と顔でお迎えした思い出が。

私、元々は左利きだったようで、スーパーなどでお金をやり取りするのに左手を
使うので親指が相手によく見えるのだけど、これだけだと何の絵か全然分から
ないよね~(笑)
d0098619_9581439.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2012-10-05 09:48 | 美容 | Comments(0)

価値観と経験値と

<10月3日のお弁当>
肉団子の甘酢餡・春雨サラダ・大学芋・枝豆・ご飯&ふりかけ・オレンジ
d0098619_11363752.jpg



先日、友人達とランチに行ってきました。
今年オープンしたばかり、ブログ等で評判の良かった、BEIGEへ。
2300円のコースをいただきました。

最初のひと品にピクルス。
d0098619_11365937.jpg

パテ&オリーブと、マイルドな酸味のピクルス、バランスがよく美味しい。

d0098619_11372151.jpg

パプリカのムース、その下には魚介のムースも隠れております。
パプリカ、甘くて美味しい♪♪野菜の旨みを充分生かしたお味でした。

d0098619_11372247.jpg

これは前菜。
鯖とナスのテリーヌ。見た目もお味も良かった~。
青魚アレルギーの友人にはタコのお料理。こちらも盛りつけが美しかったです。

d0098619_11373432.jpg

メインはお魚かお肉を選べまして、私は能登豚のソテー。

d0098619_11375581.jpg

デザートは生チョコのケーキ?とキャラメルアイス。
濃厚なひと品でございます。秋らしくていいですね。

リファーレの駐車場に停めると、2時間分の駐車券をいただけます。
コストパフォーマンスがとても良いお店でした。
アニバーサリーレストラン、と名前にもついてますが、私の印象としては
特別な日を祝うよりも普段遣いにいいんじゃない?という感じ。
気軽に美味しいもの食べましょう、的な。

More
[PR]
by mino_1968 | 2012-10-03 17:57 | ランチ | Comments(1)

美味しい食パンのお店

<10月2日のお弁当>
鯖のくわ焼き・白菜キュウリの浅漬け・リンゴとさつまいものレモン煮・ご飯
d0098619_16441861.jpg



先日友達に「今ハマッてるパン屋さんがあるんだけど、個人的に北陸1だと思うわ」
とイチオシのお店に連れていってもらいました。

金沢東インターの近くにある、「新出製パン所

食パン専門のお店、ちょっと珍しいよね。
d0098619_17143178.jpg


お昼前にお店についたのですが、予約のパンが壁にずらっと。
カウンターの上には残り少ない食パンが並んでおり、次から次へとお客さんが
入ってきます。

友人は「まずは匠食パンかな」と言ってましたが、天邪鬼な(笑)私、食べてみた~い
と思った、醤油食パンを。
そして、試食として置いてあった、チョコロール食パンを一口頂いてビックリ。
生地がもっちもちで美味しい♪♪今まであまり味わった事がないような。
なので、チョコも追加で。

チーズや豆の食パンも美味しかったそうですが、既に売り切れ。
個人的にはきなこやイジジク、ほうじ茶、クリなんかも食べてみたい!!


そして、本当は翌朝に頂こうと思いましたが待ちきれなくて、その日の夕食に
醤油食パンを。
いや~、感動的な美味しさでした。
金沢大野の醤油を使ってるそうで、焼くとふんわりと香ばしい香りと味。
そしてもっちもちな食感、耳まで柔らかい。

普段の朝食も、「口の中でモソモソするから、俺、パン食あんまり好きじゃ
ないんだよなぁ・・・」と文句ブーブーな夫にも「一口どう?」と勧めてみたら
「これは、美味い!!」と大絶賛、目からウロコ・・・・だった模様。

あっという間に一斤なくなってしまい、最近夜の炭水化物抜いてるので、お腹が
重い・・・・苦笑。

それほどの美味しさでした。
ホームベーカリーやパン教室で習ったように作っても、ここのお店のような味や
食感は出せないわ~。
何が違うんだろう?材料?卵は不使用だそうです。



朝8時から営業されてて、午前中には殆ど売り切れてしまうらしい。
電話で取り置き出来るみたいだし、また近々足を運びたいと思いました。
d0098619_1714433.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2012-10-02 17:11 | グルメ | Comments(0)

幽郷の雅

<10月1日のお弁当>
厚揚げの肉巻き・かぼちゃとレーズンのサラダ・色々野菜のピクルス
プチトマト・おにぎり3個(昆布・カリカリ梅)
d0098619_17291213.jpg



この週末は、利賀芸術公園で行われた、「とやま舞台芸術祭2012」の
公演を観に行ってきました。
d0098619_17294249.jpg

合掌造りの建物、こちらが会場です。
d0098619_17295598.jpg

5年前も、筝奏者の黒川真理さんの演奏会にゲスト出演された道山さんを観に
ここに来た事がありました。
d0098619_1730762.jpg

今回も、黒川さんの演奏会にゲスト出演されてます。
d0098619_17302131.jpg


実は今回、直前まで行こうかどうしようか、悩んでいたのでした。
最大のネックは場所。行かれた方はご存知と思いますが、山奥の秘境
でして、我が家から1時間半以上掛かりますし、うねうね細い山道
運転して行くの、かなりハードル高くてね。

ところが、先週の古武道東京公演があまりに素晴らしく、握手会で
道山さんにお会いして舞い上がったワタクシ、思わず
「今週末、富山にいらっしゃるんですよね!お待ちしてます!!」
などと口走ってしまったのでした。

「旦那に運転お願いしよう」と思ったのですが、まさかの土日不在゚(゚´Д`゚)゚
自分ひとりで運転・・・・どうしよう。
庄川ルートと八尾ルート、どっちが運転しやすい?などと地図を眺めたり。
どう考えても、不可能・・・・
でも、道山さんに対して自分が嘘をついた、という事実は作りたくない!!!

そこで友人からの嬉しすぎる提案が。
舞台芸術祭に関わってる団体に所属してる友人が、「駅から会場までの
バス送迎&チケットついたプランがあるのよ、まだ大丈夫じゃない??」
と、公演3日前にバスのチケット入手してくれたのでした。

帰りは台風の影響で、物凄い雨と濃霧で、前が全く見えない状態だったので
自分で運転していかなくて、本当に良かった~。
谷底に転落・・・とか、本当にありそうですもん。私の運転じゃ。


さて、本題に。

☆万葉絵巻~月によせて~

語りの方が万葉集の歌を詠み、その歌の世界を筝とお囃子、可西舞踊研究所
の洋舞で幻想的に。
お囃子は、黒川さんの演奏会に毎回いらっしゃる、藤舎呂凰氏、福原鶴之助氏
藤舎推峰氏の3名。
ステージが横にかなり長くて、私の席からは3人の姿は見えず。
友人に「この方たちもイケメンなのよ~」と言ってたので、彼女、かなり残念そう
でした(笑)

会場、真っ暗で、天井部分が格子状になっており、そこからほのかな青い光が
まるで月明かりのよう。
天女のような衣装のダンサーさん達が、その世界観に華を添えてました。


☆合奏曲 千鳥

生田流宮城社富山地区の方々による演奏。


☆五節の舞

筝に黒川真理さん、第一十七弦にゲストの大谷祥子さん、第二十七弦に
ゲストの遠藤千晶さん。
遠藤さんは道山さんの大学時代の同級生、じゃなかったかな??

流れるようなエネルギッシュな演奏、迫力ありました。


☆さらし幻想曲

筝、黒川真理さん、三絃、深海さとみさん、尺八、藤原道山氏。

こちらは昭和18年中能島欣一作の、フルート・筝・三絃の為の三重奏曲で
道山さんはフルートパートを。納得です。
演奏が終わった後、友人の「尺八の概念を覆された~」の言葉、嬉しい。

私は、普段のコラボと邦楽では、音の出し方を少し変えていらっしゃるのかな?
という素人の素朴な疑問。
邦楽を演奏される時の方が、ビブラートというのかな?渋みというか、そういうのが
利いてる気がします。


☆茉莉花

遠藤、大谷、黒川、藤原の演奏。

ここで、舞台の奥に筝、手前で結構客席ギリギリの所に椅子が置かれたので
「語りの人の席?」と思っていたら、なんと道山さん。
ワタクシ、本当に目の前に座っていたので、きゃー(≧∇≦)でした。
ここまで来た甲斐があったわ~というもの。
やっぱりご縁があるのね~(笑)
2m弱位の至近距離、マイクを通さない生音、本当に贅沢でした。
d0098619_17303564.jpg

この後、楽器の準備の間、司会の方とゲストの3名によるトークタイム。
東北大震災の3日後に、富山で黒川さんの演奏会があり、私も行きましたが
道山さん、大谷さん、遠藤さん、お囃子の3名も富山にいらっしゃいました。
東京の方、交通マヒなど混乱が続く中、富山に来てくださった事、その時の
ロビーでの募金と道山さん達の出演料が、義援金富山県第一号だったそうで、
そんなお話も。

今後の活動については?と聞かれ、古武道の話とかされるのかな~と思って
ましたが、謙虚な道山さん、「日本の古くからの楽器なのに尺八というのは現代の
人に馴染みがないものになってしまってるので、色んなジャンルの人とコラボして
幅広く皆さんに聞いていただけるように活動しています」とだけ。


☆絲神楽

深海さんと黒川邦楽院の生徒さん達、黒川さん、お囃子の面々での華やかな
演奏で幕を閉じました。


お昼を食べた後は、別会場で行われた音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」
d0098619_17304882.jpg

ノンフィクション小説の舞台で、日々の仕事に忙殺されてるスポーツライターの
ミッチが、たまたま恩師が出演したテレビを見て、再会を決意する。
恩師は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に冒され、余命いくばくも
ない状態だった。
毎週恩師のもとに通うミッチは、心を揺さぶる最後の授業を受けるようになる。
愛、家族、仕事、そして人生の意味について・・・・・・

というお話。

ピアニストの小原孝さんとバイオリニストの真鍋裕さんが生演奏で舞台に華を
添えてました。
役者さんも元劇団四季、というだけあり、声がとても良くて。
舞台俳優さんてオーラが凄いんですね。
舞台上で会場全体に見せる演技をされつつ、細部にまでこだわっておられ、またそれを
至近距離で見られる贅沢さ。
今回マイクは一切使わない生音ですから、私も自然とミッチに同化、モリー先生の
言葉1つ1つを噛み締めながら、こちらも舞台中央のかぶりつきで拝見。
やたらと役者さんや小原さんと目が合うし。
こじんまりしたホールで贅沢なひとときでした。


芸術の秋を堪能、刺激を受けて帰りました。
本当に素敵な一日で、あっという間に過ぎました。
[PR]
by mino_1968 | 2012-10-01 18:23 | 古武道 | Comments(0)