人気ブログランキング |

読書のお供

先日のコストコ土産、マフィン3種セットのうちの2種類です。
左がナッツ&バナナ味、右はブルーベリー。もう1種類はチョコチップ入りココア。
横に置いた携帯からもわかるように、かなりのビックサイズです。
半分にカットした位がちょうどいいかなぁ~。全部は一度に食べきれません。
d0098619_19553116.jpg

こんなスウィーツとコーヒーをお供に、この週末は楽しく読書。
村上春樹氏の最新作が発売されましたのでね。「1Q84」上下巻。
じっくりゆっくり味わいながら読み進めております♪

私が村上作品に出会ったのは、大学生の頃、大ブームとなった「ノルウェイの森」
でした。
確か、純愛ブームが巻きおこった頃でしたっけ?
当時、「流行は一応、押さえとかなきゃね」といった軽い気持ちで読んだのですが
はっきり言って、どうして万人があんなに熱狂するのか、正直全く理解不能・・・
だったのです。

あまりに周りが熱狂的なもので、自分の国語力、読解力が欠落してるんじゃないか?
人生経験が乏しすぎるのでは?と落ち込むほどのブームでしたよね。
誰も彼もが、村上作品を語る・・・みたいな。
そして、みんなが自分と違う感想を述べるのを、ボーゼンとして聞いてたりね。

仲良くしてたサークルの友人に、かなりの読書家がおりまして、彼女にお勧めの
本など教えてもらって、それについて感想を言い合ったり・・みたいな事をしてたので
村上作品、過去に遡ってぜーんぶ借りて読んで、自分の中で咀嚼して、理解しようと
何度も何度も読み返してた学生時代が懐かしい・・・

最初に読んで、独特のパラレルワールドが全く理解不能だったもの(世界の終わりと
ハードボイルドワンダーランド)、途中で挫折してしまったもの(ねじまき鳥クロニクル)など
なぜか歳を重ねて数年後に読んでみると、全く違った感想を持ち、急にぐいぐいと話に
惹きこまれたりして、やっと自分が作品に追いついた~と嬉しくなったり・・の20代30代。
「ダンスダンスダンス」は結構初めから面白く読めました。

まぁそんなこんなで、翻訳以外の全ての作品は読んでます。
自分の中で、思い入れのある作家の一人だし、これからもずっと手に取りたいと
思ってます。

また、私は個人的に春樹さんの脱力系エッセーが好き。
オリンピックの取材を兼ねた「シドニー」など、面白いよ~。
暇な時には、たまに読み返したりする程。

<今日の夕食>
厚揚げの黒酢炒め、ほうれん草ともやしのナムル、ご飯&納豆、もずくの味噌汁
d0098619_19553114.jpg



あ、貧血検査の結果出ました。
全然問題ないレベル・・・だそうです。
貧血のせいに出来ればよかった、この不快症状は・・・・・
ちと厄介な事になりそうな予感。
by mino_1968 | 2009-06-01 20:28 | グルメ | Comments(0)