年を重ねるって素晴らしい

<8日のお弁当>
d0098619_17325698.jpg

鶏の唐揚スイートチリソース炒め・ポテトのチーズ焼き・小松菜と
カマボコのソテー・煮豆・御飯&ゆかり


この冬、映画「ノルウェーの森」が公開されましたね。
大学生の時に、超!大ブームとなった作品です。

原作を読んでて思い入れがある場合、作品世界が自分の印象と
違う場合が多々あるので、それが怖くて映画は観に行けてません。

「宇宙戦艦ヤマト」も、小学生の頃大好きで、主題歌のレコード
持ってたり、カレンダー部屋に飾ってたり、勿論当時の映画を
観に行った位なので、やはりキムタク映画、こわくて見れん。笑

先日、ノルウェーのCMだか特集だか観てて、玉山鉄二さんが
主人公の唯一の友人役でご出演、というのを観て、ぜーんぜん
自分の中に、その記憶(男性が物語に出てくる)がないのに驚愕。
そんな訳で、10数年ぶりに本を取り出して、読んでました。

流行った頃、誰もがあの本を読んで、感想を述べ合ったり、純愛に
ついて語ったりしてたのですが、正直自分には全然よさが
わからなかったのですけれど、今、読んでみて、ページを繰る手が
止まらない自分が意外でした。

20歳そこそこだった小娘には、内容を想像する事は出来ても
理解して共感する事が出来なかったんだなぁ・・・と。

愛とはどういうものなのか、喪失とは・・・という事が、根本的に
全然わかってなかった。
年を重ねた今だから、主人公の気持ちに寄り添って、追体験
しながら、読み進める事が出来た気がします。

今更ながら、言葉が綺麗。
文章から紡ぎだされる情景が美しくて、切ない。

年を重ね、経験を積んでるからこそ、わかる事も増えてくる。
年を取るのも、悪いもんじゃないね。
もっともっと人生経験を積んで、引きだしの多い人になりたい。
[PR]
by mino_1968 | 2011-01-08 17:49 | 雑感 | Comments(0)