人気ブログランキング |

ショパン国際フェスティバル

軽井沢行き、最大の目的だったコンサートです。

この連休、ショパン国際フェスティバルと題して、様々なアーティストの
演奏会が、大賀ホールで開かれていました。
d0098619_2112930.jpg

9月19日は「高嶋ちさ子ハートフルショパン」と題したコンサートが
ありまして。
私の目的は、チェリストの古川展生氏でした。

d0098619_2112915.jpg

ここのホール、舞台の周りをぐるっと、円形に座席が配置されていて
私は舞台真横の席。
舞台の背後から見られる席までありましたよ。
そして、年齢層が高め。
軽井沢は、夏にサイトウキネンもあるし、音楽が地元に根付いて
いるんだなーという印象。
杖ついたご老人も、沢山来られてました。


プログラムは、オールショパン。
実はショパン、バイオリンの為の曲は1つも書いてないそうで、ちさ子さん
「今回私はトーク担当で来ました」とおっしゃってましたよ(笑)

最初にピアニスト近藤亜紀さんによる、子犬のワルツ。
その後ちさ子さん登場でした。
ショパンの人となりや、曲の説明など、子供達には興味深かった様子。

次にピアノで「ワルツop69-1 告別」と、「エチュードop10-3 別れの曲」
が演奏されました。

今年はショパンイヤーで、「散々演奏したんじゃない?」と近藤さんに突っ込む
ちさ子さん。
来年は「リストイヤー」だそうで、リストは超絶技巧のオンパレードな曲が多く
「ピアニスト泣かせ」なんだそうです。
「来年は結婚するか、留学するか、して、逃げたい」と近藤さんのジョークも。

そして、ショパンと同時期に活躍したリストですが、こちらの方、超イケメン
ピアニストとして、ブイブイ言わせてたそうです。
ショパンも、追っかけがつくほど人気だったそうですが、2人は性格が対照的。

ショパンは、こじんまりとしたサロンでのコンサートを好んだのに対し
リストは「オレを見ろ!」的な、大ホールでのコンサートがお好き。
毎回白い手袋をして登場し、それをすっとはずしてピアノにポンっと置いてから
演奏を始めるという、自分をよく見せる事に長けていたんでしょうね。
「この後登場する、古川君はリストタイプですね」なんて、ちさ子さん。


次にショパンメドレーでした。
バイオリンのために曲を全く書いてないショパンなので、ちさ子さんがお好きな
曲を強引に(笑)メドレー。
ここでやっとちさ子さんの演奏が聴けました。

♪ピアノ協奏曲第一番
♪ノクターン遺作
♪ノクターン第8番
♪幻想即興曲


どれも有名な、聴きなれた曲なので、子供達向け。
知ってる曲の方が聴いてて楽しいもんね。

そして、ここで古川さんご登場です。
バイオリン同様、チェロにもあまり曲が書かれてないそうですが
何曲かあるのは、パトロンだった人の子供がチェロをやっていたので
その人のために作曲したのだとか。
それでも、チェロの曲があったのがとても羨ましかったらしいちさ子
さんに「チェロで有名な曲なんて、白鳥くらいしか、ないじゃん!」と
突っ込まれ、タジタジな古川さんでしたよ(笑)

♪チェロソナタop65より第3楽章
♪序奏と華麗なるポロネーズ

せっかくなので、チェロソナタ全楽章聴きたい位。
序奏と華麗なる~の方は、とてもノリノリで演奏されてて、力強く
熱い曲となってました。

ここで第1部終了、休憩。
私はロビーでお茶を飲んだりしてたのですが、喫煙スペースに行った夫
古川さんと一緒だったそうですよ。いいなー。

第2部は、ピアノトリオop8 が演奏されました。
全部で30分位の大曲です。

こちらもちさ子さんによる、第一楽章から第4楽章までの聴き所や
「いかにバイオリンが隅に追いやられてるのか」という怒りのコメント
など。

「普段花形と言われてるんですよ、バイオリンは!!!」と力説。
殆どは、全く技巧を必要としない、簡単なメロディ担当で・・・とか
「オクターブが低くて地味。これを1オクターブ上げれば、華やかな
曲になったのに。天国でショパンに会ったら「オクターブ間違ってるよ」
と言いたい」なんて、ちさ子節炸裂でした。

この解説が、とっても楽しくて、ただ演奏されるより曲への興味や
思い入れが深まって、よかったです。


アンコールはノクターンで終了。

初心者には楽しめるコンサートだったのでは?と思いました。
私としては、古川さんやちさ子さんがご出演されるなら、ショパンに
限らない曲でいいので、1曲でもソロ演奏して欲しかったな・・・
せっかく古川さんを聴きに来たのに、物足りなさ過ぎてねぇ。


さて今回、CD購入者は3人のサイン会に参加できました。
d0098619_211291.jpg

古川さんの最新アルバム、ライブ音源のCDを購入。
これ、素晴らしく難しい、チェリスト冥利に尽きるのでは・・という
古川さんのテクニックを十分駆使した、聴き応えのある
アルバムでした♪

最後に古川さんに「復帰されて、また演奏が聴けて、今日は本当に
嬉しかったです」とお伝えして、満面の笑みで「ありがとうございます!」と
言っていただけたので、よかったわー。
Commented at 2010-09-21 19:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by mino_1968 | 2010-09-20 21:34 | イベント | Comments(1)