ひとりごと

ワタシは他人に対して、とても厳しい、のだと思う。

長女に対しても、「こうなって欲しい」という理想の下
教育と言う名の下、比較的厳しく接してきたと思う。

でも、正論を振りかざすだけで、一刀両断に切り捨てて
しまってはいけない事って、実は多いのだという事も
わかっていて。

しっかりしてきたとはいえ、まだ小学生。
精神的に未熟な事も、まだまだ多いのだから、もっと寛容さも
必要なのだな、と思った、ある日の午後でした。

自分が娘の年のときって、どうだったんだろう。
段々「いい記憶」しか、残らなくなってきてるのでね~。
もっと、自分だったら、という客観的視点と、同性として
共感できる部分を大切にしなきゃ。


こういうちょっとした事を大切にすると「ママはわかってくれてる」
という安心感に繋がるのね。

自分の「親としての」成長速度より、娘の成長の方が早くて
正直、追いつかないと思う事も多いのよ。
反抗期&思春期真っ只中の長女ちゃん。



<昨日の夕食>
カキフライ&キャベツ千切り&ビーツポテト・雑穀ご飯
肉団子と白菜のスープ・煮豆
d0098619_19263491.jpg

<今日の夕食>
ハンバーグ&フライドポテト・ご飯・さつまいもの味噌汁
サラダ・きんぴらごぼう・枝豆
d0098619_19263495.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2010-01-27 19:38 | 子育て | Comments(0)