<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

飲茶と109

やっと、お買い物に行けました。

いつも靴は帰省時に買う事にしてるので、シブヤ西武を覗いたり
ロフトで生活雑貨を見たり、最近はまってる韓国化粧品の
ミシャ渋谷店へ行ったり、洋服見たり・・色々。

お腹が空いてきたので、西武で食べる事に。
娘が「担担麺食べたい!」と言うので、飲茶のお店「南翔饅頭店」へ。
私は飲茶セットを。

エビと豆腐?の春巻き  ←これ、美味しかった!
d0098619_1816282.jpg

ショーロンポーやシュウマイ・饅頭などの入った蒸籠
d0098619_18162886.jpg

豚の角煮や
d0098619_18162832.jpg

汁そば
d0098619_18162867.jpg

デザートは濃厚な杏仁豆腐
d0098619_18162955.jpg

これで1890円だったかな?結構美味しかったです。
しかも、靴を買ったので「西武70周年感謝祭」で、5000円毎に
500円の商品券や、レストラン街の割引券(2000円分くれた!)
食品スーパー割引券など、沢山いただいたので、とってもお安くランチ
食べれちゃいました!!!!いひひ。



今回、子供達を買い物に連れ出すのに「シブヤと言えば・・・109!
行ってみる?」と誘ったのです。
それにギャルな次女が反応しまして、何とかブーブー言いながらも
付きあってくれたのです。

それで念願の109へ。私は20年ぶりですよー。
そこで洋服を一つ買ってあげるね、って事で。
とあるお店で、気に入ったスカートやカットソーなどを見つけた子供達。
109のお姉さんも、子供がいっぱい来るせいか、接客も慣れてて
子供にもすっごくフレンドリー。
一緒にコーディネート考えてくれたり、アドバイスくれたり、世間話
したり、すっかり仲良しムード。

で、娘達それぞれ、トップスとスカートを購入しました。
2人なので、合計4点ね。まぁ、旅のお土産感覚です、私にしてみれば。
そうしたらお店のお姉さんが娘達に
「今日は誕生日か、何か?」
娘達「違うよー」

「え、誕生日でもないのに、こんなにお洋服買ってもらえるの?
それって本当に幸せな事なんだよ。お母さんに感謝しないとね」

     私、ちょっと感動してしまいました。
109で働いてるお姉さんって、20才辺りの若い女の子達なんですよ。
お店にとっては、沢山買ってもらう方がいいに決まってるじゃない
ですか。
なのに、子供の視点にたって、ちゃんと感謝の気持ちをもたないと!
と言ってくれるなんて、なんて素敵な、綺麗な心を持っているんだろう。

マルキュー、女子高生の聖地ですけど、アラフォーの心もわしづかみ!!
でした。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-31 14:51 | ランチ | Comments(0)

大満足な1日

d0098619_202858.jpg

d0098619_2028579.jpg

d0098619_2028513.jpg

今日は朝からお花見へ。

娘達に
①駒場東大前にあるブーランジェリーでサンドイッチなどを購入して
駒場公園でピクニック   ←一番実家から近い。

②伊勢丹デパ地下で、期間限定お花見弁当を購入して、新宿御苑でピクニック

③中目黒川添いの桜を見て、パティスリーポタジエでケーキ

どれがいい?と聞いてみた所
買い物に付き合わされるのを警戒した次女は①

野菜スイーツに惹かれた長女は③

私も、富山の友人にお土産買いたかったので、中目黒に決定!
お散歩を楽しんできました。

ポタジエのケーキ、初めてでしたが、どれも美味しそうで、目移り〜。

その話はまた。


で、夜は家の近所で韓国料理をいただきました。
前回の帰省でハマったので、絶対また、と熱望。
辛いもの苦手な子供の為に、ニラチヂミやチャプチェ。
今回一番!だったのは、タットリタンと言う、鶏肉とジャガイモとキムチ
のピリ辛鍋。
スープが濃厚で美味しかったです。

後は石焼きビビンバや焼き肉など、大満足でした
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-30 20:28 | Comments(0)

目黒川添いの桜

d0098619_139477.jpg

d0098619_139424.jpg

綺麗でした!春爛漫。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-30 13:09 | Comments(0)

d0098619_17373265.jpg

宝塚のお芝居を観てきました。

子供の頃観た「ベルサイユの薔薇」の、何と美しかった事か。
兵庫の宝塚劇場の、絢爛豪華な雰囲気や思い出は、30年近く経っても、
色褪せる事はありません。
なので、子供達にも見せてあげたかったの。


宙組公演のシャングリラ。
まぁ〜本当に美しい!
夢の世界をどっぷり堪能でした。

なんと言っても男役トップの大空 祐飛さんの格好良さに、ポォォォ〜

ポスターの写真なんて、漫画?イラスト?、異次元のお人かと
思った〜綺麗すぎて。

女の人の思い描く「究極の理想の男性」像を演じさせれば、右に出るもの
はいないんじゃ?と思うほど、かっこいいですよねー、宝塚。
多分、普通に俳優さんが演じても、ああいう風にはならないだろうなー
なんて思いながら、乙女な気持ちで観てました!。

思わず休憩中にパンフレット買いに走りましたよ!

二番手「嵐」を演じた、蘭寿 とむさんのスーツ姿も格好良くて、ホレボレ‥

ダンスシーンも、一寸の隙もなく、絵になりますね〜。

娘達も、双眼鏡離さず、舞台に釘づけ。連れてきた甲斐があったわ〜。


5月に富山で宝塚公演あるんですけど、今からチケット取れるかな〜
また行きたいわ!
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-29 17:37 | お出かけ | Comments(0)

d0098619_1250667.jpg

来てます!

いや〜物凄い熱気と、満員の会場。
役者さん毎のファンが集結してるし、
パンフレットやブロマイドは飛ぶように売れてるし、バーゲン会場の様な
女性達の異様なテンションと空気に気圧されております(°□°;)

今から始まるぞ〜!
感想は後ほど。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-29 12:50 | Comments(0)

ASIAN HEART

新しくなった銀座ヤマハホールで、藤原道山さんと
二胡のウェイウェイ・ウーさんのコンサートがありました。
d0098619_17312179.jpg

音楽監督は三宅一徳さんで、彼の作った曲が中心でした。

始めに道山さんの「春告鳥」お二人の演奏で始まりました。
衣装は「響」の、お着物風な黒のもの。
まさに今の季節にぴったり、そして二胡が入る事で、少し
郷愁を帯びるというか、懐かしい感じになりました。

お二人のご挨拶の後、バンドメンバー(パーカッション
コントラバス・ギター・シンセサイザー)が登場し、
道山さんの「瀧」と、ウェイウェイさんの曲(曲名が
中国語なのでわからーん)
「瀧」は普段古川さんのチェロパートを、二胡とバスで
担当、かなり低い音色なので、全然古武道とは雰囲気が
変わりました。

三宅さん作曲の「爛漫」
バンドで演奏されると、とっても華やかです。
初めて聞いた曲だけど、曲名そのものな、豪華さでした。
道山さんの演奏、いつもシンプルな構成が多いので
こういった色んな音の絡まり合いも、ノリが良くて
いいです。すごく楽しい演奏でした。

その後「遠い坂道」「オリエンタルキューブ」「届かない
子守歌」「せつげんか (雪原華かな?)」で、一部終了。

20分の休憩後、黒のスーツに赤のシャツという、
ウェイウェイさんの赤いドレスとリンクした衣装で登場。

最初、いつもの「鶴の鳴き声」から始まったので「鶴の巣ごもり」
だと思ったら、途中から曲が変わっていって「あれ?」と
思ったら、即興演奏でした。

ウェイウェイさんのアルバムに入っている、ショパンの
「別れの曲」をフューチャーした「ララバイ」
ウェイウェイさんの歌付き(中国語)で、しっとりと。

「ボイジャー」NHK日曜夜7時半からやっている番組の
エンディングテーマ。
サックスと二胡の曲ですが、尺八がサックスになってました。
お見事です。
このサックス奏者と道山さん、昔、題名のない音楽会で
共演されてるんですよねー。
(実家のパソコン、使いづらくて、調べたり出来ないんで
富山帰ったら、書き直します)

それぞれの曲をやろうと言う事で、道山さんは「さくらさくら」
ギターと尺八だけで、哀愁漂う演奏。「夜桜」って感じ?
ウェイウェイさんの曲は、いかにも中国!風な、あっかるい曲。
みんなノリノリで演奏されてましたよー。

最後はウェイウェイさん作曲の「さくら十七」と道山さん
作曲の「東風」
日本にきて、桜の美しさに感動したという、その気持ちを
曲にした、日本には四季があって素晴らしいなぁ〜と思わせ
られるような、素敵な曲でした。

そして「東風」ですよ!
これは本当にアップテンポでカッコイイ曲。
前に「かざうた」ツアーの時には、思わず若者のライブの
様にスタンディングで踊りたかった位の。
道山さんにもそんな事を言ったら「是非、今度は踊って!」
と言っていただいた曲です。
(私が無知で・・・東風を読み間違えて道山さんに言ってしまい
やんわりと訂正されたという、忘れられない大失態)

やっぱりバンドはいいですね、迫力ありました。
今回も年齢層高めな感じでしたので、みなさんおとなしーく
聞いていらっしゃいましたが、私は身体揺らして、足でリズム
とりながら、楽しませて頂きましたよ!!!。


アンコールは「おくりびと」と「蘇州夜曲」
しっとりと、終わりました。

アッという間の2時間でした。
二胡と尺八って、本当に合いますね。
「音の会話を楽しむ」とおっしゃってましたけど、本当に。
お互いをリスペクトする想いがにじみ出てるような。
また、新たな道山さんの尺八に出会えて、楽しかったです。
バンド、いいわー。道山さんもノリノリで、そんなお姿も
めったに見られませんからね。

最初は「道山さんの出番少ない?」とか思って、チケットも
3月に入ってから取ったという、私にしてはやる気のなさ
でしたが、まっさらな気持ちで行った為か、想像をはるかに
越える素晴らしい演奏で、ホント、楽しかったです。

そして、古武道「友の会」設立のお知らせのチラシも
頂いたし!念願の!!ですね。楽しみだー。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-28 18:05 | 古武道 | Comments(0)

d0098619_21374914.jpg

d0098619_21374998.jpg

d0098619_21374972.jpg

d0098619_21374935.jpg

今日は大学時代、サークルで一緒だった友人4人で集まりました。

皆さん、フルタイムで働きながら子育てしているので、超忙しい。
富山と違って同居もしてないし、頼れる親が近くにいなかったり、
勿論旦那様も働きざかりで不在がち。
本当によくやってるな〜と頭の下がる思いです。
自分も毎日頑張ってるつもりですけど、彼女達それぞれの話を聞いてると
励まされたり、勇気づけられます。

七年ぶり位に会う友達もいて、プチ同窓会でした。

皆の住む場所から一時間以内で集まれる場所って事で、成城学園になりました。


友人は「普段全く外食しないわ〜」「男の子三人しかも保育園児で〜」
なんて環境ですから「たまには母親も非日常でリフレッシュしたいわ〜」
とのリクエストで、シェ松尾へ。

前菜盛り合わせ。
最初から「きゃ〜っ」とテンション上がる盛り付け。
ホワイトアスパラと黒ゴマのムース・コンソメジュレと空豆のムースの
三層仕立て。
ワカサギのペーニエ
蟹のロワイヤルとカリフラワーのフラン
サヨリのマリネ

でした。


スープは四種類から選べます。
私は新ゴボウのポタージュ。
香りが素晴らしく、おいしかった!
家で作ったら、根菜のザラザラ感が残りそうだけど、お店は漉してるんだ
ろうな〜、のどごし滑らか〜。

後は、グリーンアスパラのポタージュ
チキンブイヨンスープ
トマトブイヨン・具沢山野菜と共に

から選べました。


メインは魚か肉から。
私は牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。
定番なお味です。

その他、仔羊や豚ロースト・鮮魚のポワレや貝柱ポワレなど、10種類から選べました。

デザート盛り合わせ。
こちらも女ゴコロをくすぐるプチ盛りで、色々楽しめました!


ゆーっくり食事が出てくるので、2時間半、よく食べて、よくしゃべり、
楽しい時間でした。
学生時代の友人は、環境も似てるし、勉強や進学に
ついての考え方も共感出来る部分が多いので
話しててラクですね。
共感しあい、励まし合い、また明日から子育て頑張るのだ。


そして別れを惜しみつつ、私は4時から銀座で道山さんコンサート。
ダッシュで移動しましたよ!。

その話は明日。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-27 21:37 | ランチ | Comments(0)

LA BEFANA @下北沢

今日から帰省しております。

お昼過ぎに東京に着いたのですが、渋谷でランチして買い物・・という
目論見はあっさり崩れ、子供達「早くおばあちゃんち、行こう!!」
の大合唱。
歩くの疲れるーだの、人混み嫌い!だの・・

結局、実家近くのお店で2時近くにランチを。
駅から徒歩1分なんだけど、住宅街にある為、結構穴場?なイタリアンへ。
ここのお店、むかーしからあるので、前のフレンチビストロ時代から、
よく通ってました。

そして私が中学生の頃、人気絶頂だった「伊藤つかさ」の家が、このお店の
すぐそばでして、サインもらった記憶もあり(古っ!)

d0098619_21321567.jpg

ランチはパスタorピザが選べます。石釜で焼くピザが絶品。

私は前菜付き1600円のコース。
娘達は1100円のサラダ付き。
大きなお皿いっぱいに野菜がたっぷり、で、こっちのコースでも充分
だったかな。
逆に前菜付きの方が、ちょろっとささやかに4種盛りで、あっという間に
食べれちゃう。
d0098619_21321538.jpg

私はパスタを頼んだのですが、「取り分けられるなら、3人分に分けて
お持ちしますね」と、3つのお皿に盛りつけてくれました。
d0098619_21321547.jpg

娘達はピザ。それぞれに、美味しかった!!
d0098619_21321522.jpg

d0098619_21321576.jpg

飲み物も、自家製レモンはちみつアイスティーがとっても美味しかった
です。自宅でも作れそうだし、やってみようっと。

デザートは+200円。パンナコッタでした。
あぁ、満足!

シモキタって若者の街だけあって、高校生〜大学生くらいの若い人で
溢れかえっているのですが、一歩中に入っただけで、学生のいない
ゆったりと落ち着けるお店がありまして、ここは重宝してます。
あっという間にお店がコロコロと変わる中、ずーっと同じ場所に、安心
出来るお店があるって本当に嬉しい。
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-26 21:47 | ランチ | Comments(0)

思い出作り

3月も下旬だというのに、寒いですねー。
いつもこの時期には、冬物の服を全部洗濯orクリーニングに出し終えてから
帰省するのですが、今年は出来なかった・・・まだまだ出番多くて。

去年のこの時期、吹雪の中富山空港へ行き、東京も寒かったけど
今年もそんな感じかなー。
どの服持っていけばいいのか、悩みまくりでした。
あぁ、忙しい、忙しい・・・


先日、長女が友達と映画に行く約束をしてたのですが、みんなに声掛けたら
総勢7名となりまして(男子3人含)、ワイワイと1日遊んで来ました。
(勿論、私は運転手&引率者として、一緒に・・)

皆でお昼食べるのも初めて、マックで楽しくランチタイム。
男の子が「これ、おごり!」と言って、チキンナゲットくれたり、なーんか
グループデートみたいで、可愛いねぇ・・・

イオンを練り歩き、雑貨やさんで、全員おそろいのキーホルダー
買っちゃったり。(友情、と書いてある、四葉クローバーのもの)
映画の後は別れ難かったらしく、そのまま家にきて、夕方まで遊んでました。
鬼ごっこやら、高鬼やら、キャーキャーと、子供みたい。
↑ まぁ、子供なんですけど・・笑。  純粋でいい子たちです。

クラスの5人が違う学校に行くんだけど、そのうちの3人が今回のメンバーに
含まれてた為、何だか全てが「思い出作り」
すぐそこにある別れの寂しさを感じつつも、今を楽しく過ごしてましたよ。


その中に、長女にお手紙くれた男子も含まれてまして、卒業式の日に
2人で撮った写真をくれました。
(私が先生とお話してる時に、彼のお母さんが娘に声掛けて、2ショットの
写真を撮ってたらしい)
それが、2人ともにっこりと、すんごく仲よさそうな良い雰囲気の写真で、
ちょっと心躍りましたよ。
娘は「私、いらないから、ママにあげる」なんて言ってたので、私の手帳に
挟んであるのだけどね。
娘を好きになってくれる人がいるなんて、親として嬉しいものだなーって。


段々こうやって、大人になっていくんだね。
楽しい事いっぱいあるんだろうなー。
もう、青春謳歌しちゃってて、羨ましいわー。
母は横で話し聞いて、一緒にドキドキする事にしますわ。


<昨日の夕食>
ハンバーグ&野菜・ビシソワーズ・さつまいもご飯
d0098619_17185692.jpg


<今日の夕食>
鰤大根・冷奴・ご飯・もずく酢・枝豆・さつま揚げ
d0098619_19571939.jpg

苺大福
d0098619_1957486.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2010-03-25 17:42 | 子育て | Comments(0)

23日にNHK BShiで放送された番組、藤原道山さんの特集でした。
去年秋から今までの、半年にわたる密着取材です。
d0098619_10112798.jpg

最初に、津軽三味線の上妻宏光さんとの共演がきっかけで、
三味線×尺八の曲を作ろう!という事になり、作曲の為訪れた南の島の
映像から。
確かラジオで年初に、「テレビの仕事で沖縄の方に行った」という話を
されてたので、あぁこれかーという感じ。
島の風景からインスピレーションをもらって、曲を作る様子など。
(結局、共演の曲より先に、ソロの曲が出来てしまった、というオチも)


古武道での活動の紹介。
年末に行ったライブの映像も!上妻さんも一緒に、リベルタンゴが
演奏される様子も映りました。


去年は演劇「錦繍」の舞台音楽を生演奏されてて、そのツアーが
全国各地で行われてたのですが、その合間を縫って、市村さんと
藤原竜也君出演舞台「安針ANJIN」の舞台音楽も50曲ほど作曲
レコーディングされる様子なども。
ここでは尺八だけでなく箏や笙などの日本の古典楽器を色々駆使して
音を作っていく、マルチぶりも魅せてくださいました。


お弟子さんは取らない、といいつつ、6人の生徒さんがいらっしゃるそうで
お稽古の様子なども。
↑ う・・・うらやましい・・・・。



幅広い音楽とコラボされてる道山さんですが、尺八の古典のものも
きちんと取り組んでおられ、師匠でもある人間国宝、山本邦山氏と
共演しての、レコーディングも行われてました。
多分、古典の新作CDに入るのかな?

普段から物腰穏やかな道山さんですけど、さすがに師匠の前では
終始緊張気味。でも、録音した音を確認する際、険しい表情で首を振り
「まだまだ・・・」とおっしゃる様子など、普段うかがい知れない一面が。

最後に師匠が、「もう自分の後を追うのでなく、1人でやっていきなさい。
自分の道を進みなさい」という事をおっしゃられたのが印象的。



最後はまた上妻さんとの共演に。
音あわせ前日まで作曲の作業をされて、いざ。
上妻さんとは、4時間もの入念な打ち合わせでイメージを作り上げ
後日レコーディングするまでを、全部カメラが追っていました。
産みの苦しみ、と言うか、曲が出来上がるまで、いかに大変なのか
という事がひしひし伝わりました。
いつもラジオで、さらっと即興演奏して下さるけれど、またそれとは
全然違うんですよね。


CMもなく1時間半たーっぷり、密着取材であぶりだされた道山さんの
信念と、幅広い音楽活動、堪能させていただきました。
はぁ~、素敵でしたー。


<昨日の夕食>
麻婆豆腐・春巻き・あさりの吸い物・ご飯・サラダ・りんご
d0098619_1011271.jpg

京都ホテルオークラのラー油、本当に美味しくて家族中でお気に入りと
なりました。ありがとうKuさーん!!
[PR]
by mino_1968 | 2010-03-24 10:37 | 古武道 | Comments(2)