<   2009年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

オーケストラの日

3月31日は「耳にいちばん」オーケストラの日。
サントリーホールで行われた「オーケストラの日 祝祭管弦楽団演奏会」に
行ってきました。

音楽って、生きる希望や活力、エネルギーを与えてくれるんだな〜と
今日は力強い音と演奏に、パワーをもらいました。
本当に、音楽って、素晴らしい。
d0098619_20345481.jpg

私達はマチネ公演へ。春休み中の子供達にも親しんでもらいたいと言う事で
聴きやすいメニューでした。
なんだか「お祭り気分」というか、会場の雰囲気も全体的に浮き足立つ感じ。
固いイメージは全然ありません。

3時からの公演の前に、1時半から小ホールにて、「各パート首席陣による
豪華な楽器紹介」が。
金管楽器・木管楽器・弦楽器毎、それぞれ4種類ほどの楽器紹介が行われ
ました。
最初に一曲簡単に演奏して自己紹介。
「この楽器を始めたきっかけ」を1人1人に聞いてから、会場からの質問に
答えるという形式でした。

ここで印象的だったのが、殆どの金管楽器・木管楽器の奏者の始めるきっかけが
「中学時代の吹奏楽部で」というもの。
全員が「中学時代に〜」と言うたびに、爆笑。
結構トークもくだけた感じで面白かったし、会場の小学生が質問でばんばん手を
揚げて、素朴な質問から「どうやったら上達するのか?」みたいな事まで
色々聞いて、かなり盛り上がりました。
親子共々、すごく楽しめてアッという間の1時間。

d0098619_2034555.jpg

今回のオケは東京に11あるオーケストラのメンバーから厳選された
メンバーの混合でした。
指揮は大友直人さん。すっごく素敵でした〜。

そして我々は最前列だったので、舞台は見上げる形となり、少々見にくかった
のは残念ですが、逆にオケの一員になったかのような距離感で、貴重な経験
でした。

70分休憩無しなコンサートで、ぐいぐいと音の世界に魅了される、迫力ある
演奏でした。
全体的に明るく元気な曲が多かったのと、間に大友さんのわかりやすい解説
などもあり、本当に楽しかった。
こんなに心にビンビン響いて、心をわしづかみにされて、圧倒的な迫力で魅了され
まして、気づいたら涙がダーっと流れてました。
あの高揚感って、独特ですね。生演奏ならでは。

<セットリスト>
エルガー「威風堂々」作品39より第一番 ニ長調
L・アンダーソン 「クラリネット・キャンディ」
         「プリンク・プランク・プルンク」
Jシュトラウス 「狩りにて」
        「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
W・A・モーツアルト「フルート協奏曲第一番 ト長調 K313より第一楽章」
G・ビゼー 「アルルの女より 「メヌエット」「ファランドール」
O・レスピーギ 交響詩「ローマの松」より「アッピア街道の松」

全曲ピチカートで演奏した「プリンク・プランク・プルンク」
なかなか楽しい曲でした。
一番好きだったのは「アルルの女」のファランドールと、最後の
「アッピア街道の松」
ものすごく格好良かったです、ホントに。鳥肌が立つほど。

うーん、今年の目標としては、もっともっとオーケストラの演奏聴きに行きたい!
と切に思いました。
どうせならチェリスト古川さんの在籍する、東京都交響楽団のを聴いてみたいし、
大友さんの指揮ももう一度じっくり見たいなぁ〜と思いました。

ホントに、楽しかったです。今回の帰省の最後を締めるにふさわしいイベント
でした。
 
d0098619_20345529.jpg

桜坂で写真を。でも今回は残念ながら、満開の桜は見られず。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-31 21:09 | イベント | Comments(2)

ニュース23

d0098619_20181557.jpg

今日からニュース23のオープニング&エンディングテーマに
古武道の「翼」という曲が使われます。

是非聞いてみて下さいね。

今日は古川さんのチェロも聞けるのが楽しみ♪
金沢ではピアノ&尺八バージョンだったのでね。

<初回放送後の感想>
すごく爽やかで「翼」というネーミングがぴったりの曲ですね。
一日の終わり、毎日イヤなニュースや、悲しい出来事、今後どうなってしまうんだ日本
といった話が多いけれど、でも明日に希望を持てるよう頑張りたいと思える曲でした。
道山さんの尺八が、いいでしょ〜♪
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-30 20:18 | Comments(0)

穴場発見♪

d0098619_18441552.jpg

連日子供達を実家に置いて、遊びに行くのも気が引けて
若い子が一度は憧れる、原宿は竹下通りへ。
(私が竹下通りを抜けた辺りに出来た、H&Mに行きたかったのが
最大の理由(^_^)vだったりします)

入り口周辺の激安アクセサリー店で315円のネックレス買ったり、
2000円以下で服が買えちゃうので(99円ショップもあり!)長女に服を買ったり、
原宿と言えば~で、ベタですがクレープ食べさせたり。

さぁ~て、ママのお目当ての店が近づいてきたわ♪
と同時に「もう疲れた~帰りたいっ」と。
笑いたくなる位、イヤなタイミングでぐずりだすんだよね~子供って。

そこで私の母が娘達と先に帰り、ワタクシしばしのフリータイムを。

まぁでもH&Mは大した事なく、GAPで子供服と、自分はZARAでシンプルな
黒ニットを買った位。


今回、最近ハマってる手作り化粧品の材料を買いにアロマショップ「生活の木」
へ行ったのですが、そこの二階のカフェが空いてて穴場でした。

原宿~青山ってカフェもファーストフードも、スタバ系も沢山あるけど
どこも混んでてすぐ座れないのでね。

化粧水とクリームの材料や手作りバスボムのキットや、
アロマオイルなど購入して原宿を後にしました。

その後は渋谷でパンプス二足買って終了。
靴だけは富山では、上質のものを売ってるお店少なすぎて買えないので、
出会った時にまとめ買い。

今回の帰省では洋服見る暇なさそうだわ~残念。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-30 18:44 | 買い物 | Comments(0)

旧友との再会 Part2

d0098619_2144422.jpg

d0098619_2144476.jpg

d0098619_2144462.jpg

今日はいつも会う大学時代の友人と、八年振りに会う高校&大学時代の友人
と、新宿のパークハイアットで、ハイティーして来ました♪

41階から眺める景色の素晴らしさ。


三段トレイに、サンドイッチ三種、桜とプレーンのスコーンwithクロテッドクリーム・
ベリー系ジャム、キャラメルクリーム入りシュークリーム、抹茶焼き菓子、
桜風味のブランマンジェが乗ってました。


その他、フィンガーフードがトレイで運ばれ、取り放題。
キッシュや柑橘系ゼリー、苺ムース、クリームチーズ乗せバゲット、
マドレーヌ、洋なしクリーム入りシュークリームなど。

飲み物も紅茶六種位、ハーブティ、日本茶、コーヒー類が飲み放題でした。

アールグレイ、オレンジピール&シナモン入り緑茶、カプチーノを頂きました。
飲み物単品1000円台なので、これで3500円なのは、コスパ良し。


久々の友人と、積もる話をエンドレスでするのに、ホテルのティールームは
最適ですね。三時間程の長居(^_^;)

八年振りの友人は、双子の男の子と、2つ下に男の子(四歳&二歳)がいて
しかも荒れまくりな中学校の先生。
想像するだけでも、嵐のような毎日…なので、日常を忘れる優雅な時間で
良い気分転換になりました。


そしてうちの娘も来年は中学生、中学の先生でもある彼女の話は
興味深く、非常に参考になりました。
母親トーク激白で、もう1人の独身友人は、少々カルチャーショックだったかしらん?


今回、学生時代の友人と久々に会うって事で、富山の友人に
「手土産何がいいかしら?」って相談したのです。
「みんな忙しくなって、友人とも気軽に集まれなくなって寂しいので、
(私)さんが羨ましいわ」なんて言ってくれたのも嬉しかったし、
今回会った皆が「地方に嫁に行った人達は皆苦労してるのに、
(私)はすごく楽しそうに暮らしてて偉いな~」って言われたのも
嬉しかった。

私の人生に不可欠な友人との縁や出会い。
全てに感謝したい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-29 21:04 | ランチ | Comments(0)

旧友との再会 part1

d0098619_2255251.jpg

d0098619_225528.jpg

今日は、大学の心理学部の同級生4人で、なんと十数年振りに集まりました。

待ち合わせの場所で友人が「久しぶり~!!」とハグして迎えてくれて
何だか目頭が熱くなっちゃった。


こんなに長い間会ってなくても、全然変わってない友人達と
学生時代そのままの口調や仕草も懐かしく。
久しぶりなのに、いつも会っているかのような近しさを感じてしまうのは
、何故だろう。
昔のあだ名(私の場合、旧姓名字呼び捨て)で呼ばれるのも、妙に懐かしくも
あるが、とってもしっくりくる感じなのね。

近くのカフェでランチしてから、友人宅へ。
おうちにいた旦那さまも同級生なので、スレンダーな容姿と、
飄々とした語り口が当時と全然変わってなくて、ビックリー

お互い近況報告や、同級生の卒業後の動向など、話は尽きなくて、
楽しい時間を過ごしてきました。


写真上は、皆へのお土産、金沢の高木屋さんの「紙風船」
最中の中にゼリーが入っている、見た目の可愛らしく、
口に入れた時の食感が楽しい一品です。

写真下は、友人から貰った三國屋善五郎のフレーバー焙じ茶と
友人の旦那さまが多分気を遣って「ちょっと出掛けてくるんで、
ごゆっくり~」と外出後、お土産に買ってきてくれた、
吉祥寺と言えば!の小ざさの最中。

ホントに楽しい時間をありがとうね~。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-28 22:55 | Comments(2)

Decadence du Chocolat

d0098619_23423781.jpg

渋谷マークシティにある、デカダンス デュ ショコラのケーキです。
以前、お友達にこちらのチョコレートをプレゼントして好評だったので
今回はケーキを買ってみました。

手前は細工も見事なチョコレートのケーキ。
チョコやカスタード等、何層にもなったムースで見た目もお味も複雑で美味。
見た目より、それほどこっくり濃厚と言う訳でもなく、ペロリと頂けます。

写真右奥は、中がチーズのムースですが、言われないとわからないほど、
酸味はあまり感じず。
中にキャビアみたいな粒(クランキーな味わい)
が入ってて、サクサクな食感です。

左奥はキャラメルムース。
おいしかったですぅ。


最近年のせいか、濃厚ショコラとか胃にもたれる(泣)ので、
ぐったり疲れた時しか食べられないのですが、こちらのケーキは見た目ほど
濃厚でないのが、いいわ~。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-27 23:42 | Comments(0)

浅草

d0098619_22291989.jpg

シーバスで、隅田川を下って浅草へ。
本当は、両岸の桜並木が見事・・・なはずだったんだけど、まだ満開には
ほど遠く、かすかに枝の先がピンク色のつぼみが見えるのみ(泣)
毎年この時期帰省して、お花見が出来るんですけどね〜、寒いもんね〜最近。

シーバスはお台場方面も行けるコースがあります。
富山の友人に帰省するというと「ディズニー行くの?お台場?」と必ず聞かれる
のだけど・・・・行きませんね〜お台場。
私が東京を去ってから出来た街なので、全く思い入れもなく、行きたいと思えない
のでした。
一応私にとっては、東京=故郷なもので。観光じゃないんだなぁ。
でも、最新スポットでお買い物・・大好きですけれど。
d0098619_22291999.jpg

浅草と言えば、雷門・仲見世・浅草寺。
d0098619_22291970.jpg

お団子買って食べたり。
d0098619_2229196.jpg

浅草寺でお参り&おみくじを引いたり。
d0098619_22291988.jpg

お昼を食べた後は、子供達へのサービスタイム。
「花やしき」に行ってきました。
ここで、OL時代の友人親子と合流。
絶叫マシン苦手な娘達には、コレくらいのレベルで十分楽しめました。
そして、子供達がアトラクションを楽しんでる間、ママ達はおしゃべりに
花を咲かせたり。
一緒に乗らなくてもよい年齢なので、らくですね。

浅草は昭和の香りがプンプン漂う町ですね。変わらない事にホッとする。
でも子供達にはこのレトロな良さがわからないのよね〜。

初日から楽しく遊んでおりま〜す。
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-27 17:45 | お出かけ | Comments(0)

シーバス

d0098619_11245760.jpg

富山空港出発時には吹雪になり、大丈夫か~?と言う感じでしたが、無事到着。

モノレールで浜松町、徒歩で日の出桟橋。
そこからシーバスで浅草に向かっております♪
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-26 11:24 | Comments(0)

金沢うら田の愛香菓

d0098619_19501459.jpg

昨日のコンサートは夫と一緒に行ったのですが、夫が日中金沢市内で仕事だった為
私は電車に乗って金沢まで。
普段は車移動なので、電車で行ったの、3回目でした。
フォーラスでショッピングだけなら、意外と金沢、電車で行くの、ラクだなぁ。
今度学校始まって落ち着いたら、行ってみようっと思いました。


普段は通らない駅の中、せっかくなので金沢銘菓を求めて、金沢百番街へ。
地元情報誌「金澤」の付録についてた「金澤てみやげ帖」の中で紹介されてた
ものを、色々チェックしたりしてました。
殆どの有名どころのお菓子が集結してて、中々見てて楽しかったです。

その中でいくつか購入したいものがあって、今回はこちらを。
金沢うら田の「愛香菓」です。
d0098619_19505058.jpg

包みを開けると、ふわ~っとシナモン・アーモンドの香りが広がります。
口の中に入れると、ホロホロ・ふわっと、いつの間にか溶けて消えていく食感が
和菓子の和三盆みたいなのですが、材料は小麦粉でして、クッキーの材料と
同じです。和菓子としても、洋菓子としても、どちらにも合うお菓子でした。

富山の銘菓って、何を思い浮かべますか?
全国的にメジャーなものは・・・・月世界とか?ぎんなん餅とか?
私は呉西に住んでるので、あんまり月世界とは縁がなく。
大野屋の「とこなつ」などは、ちょっと全国区ではないですよね~。
富山空港の銘菓コーナーも、とってもこじんまりしてるんだよね。
毎回、帰省の手土産に困るのでした。
あ、個人的には、八尾の「玉風味」大好きです。
渋谷OL時代、富山出身の先輩が、お土産で買ってきてくれたものの中で、これが
一番好きでした。

<今日の夕食>
ネギトロ丼、にら入りかき卵汁、煮豆、ブロッコリー&トマト、苺
d0098619_2010100.jpg


明日から富山、雪マークついてましたね・・・
平野部でも積雪が観測されるとか。
ワタクシ、明日から帰省しま~す、雪で飛行機欠航しない事を祈ります。
その前に、出発時間を再度確認しようかと(苦笑)
[PR]
by mino_1968 | 2009-03-25 20:03 | グルメ | Comments(0)

古武道公演@金沢

去年8月以来の、古武道公演に参加してきました。

最初の2曲を聞き逃したのは下記事の通りですが(泣)、選曲や曲順は
大体去年と同じ感じ。
バッハのプレリュード・琥珀の道から始まりました。
この後「古武道です」というご挨拶の時に、急いで自席へ。
本当にごめんなさい、古武道の皆様。

それから「SASUKE」「瀧~waterfall~」「亡き王女の為のパヴァーヌ」
大好きなラヴェルの「亡き王女~」ですが、自分のしでかした大ミスに未だ
動揺中だったのと、固い雰囲気の会場でまだ古武道の皆様も緊張気味
だったのか、心なしか大人しめな印象。
でも古川さんの、大きく包み込むようなチェロの音色は健在。

「旅立つ春」「荒城の月」「空に咲く花」で一部は終了。
個人的には一部では「荒城の月」が一番心に響きました。
迫力ある尺八の音色に惹きこまれ、会場の空気が確かに、変わった、気がします。

第2部です。
今回、このコンサートの前に、妹尾さんのブログ宛に、ダメもとでリクエストを
お願いしていたのです。
それが、まさか2部で叶うとは夢にも思わず。
あの曲が聞けるなんて、本当に、嬉しくて嬉しくて。


2部の最初は「木漏れ日の庭」「メトロポリタン~僕らの交差点~」
「My Favorite Things」から始まりました。

「メトロポリタン」なんて、超スピーディーな曲で、道山さんの尺八、息継ぎは一体いつ
してるんだろう??っていう迫力なのですが、この曲終了後のトークが道山さん担当。
息も乱れず、涼しげにお話してるので、本当にもう・・・どうなっているんでしょう、この方。
素晴らしすぎます。でも少々鼻声だったのが心配。
「木漏れ日~」は道山さん作曲なのですが「古川さんのチェロをじっくり堪能して
いただきたいと思って、前半のソロ部分をたっぷりとったんですよ」なんていう
作曲秘話も。

そして、去年からの古武道2ndコンサートでは、あらかじめファン投票した8曲の中から
当日の会場のお客さんにアンケートとって、上位3曲を演奏する・・というバージョンでしたが
今回は1stコンサートの形式で、それぞれがソロの演奏をするというスタイルに。

まさにこれがワタクシのリクエストしてた事なのでした。
金沢は初めまして・・なお客さんが多いだろうから、ぞれぞれの普段のフィールドでの
曲を聴きたい、そして古川さんには「おくりびと」の演奏を是非お願いしたい!!と。

最初に妹尾さんで、新しいアルバムにも収録されている「サクラサク」
春らしい、そして妹尾さんらしい、ロマンティックで儚げな曲でした。素敵~!!

次は道山さんで、「鶴の巣篭もり」
目を閉じて聞いていると、本当に鶴の鳴き声に聴こえるので、何度も聞いているけれど、毎回
感嘆のため息です。
この時には、NHKの収録で新年に那谷寺の山門で演奏された話など、されてました。

最後は古川さんで「おくりびと」
妹尾さんのピアノ伴奏で、しっとりと聴かせていただきました。
本当に嬉しかったです。映画の中の、山形の雄大な雪景色が目に浮かびました。
(もっくんが川べりで、チェロを弾いてるシーンね)
監督さんも原作の方も富山出身の人なのに、なんで富山でロケしなかったんでしょうね~、
富山にも雄大な立山があるというのに。

最後は「BEST FRIEND」「リベルタンゴ」で終了。
リベルタンゴも、毎回アレンジが微妙に変わってて、何度聞いても熱くなります。
前奏部分、今回はチェロがまるで箏・・・な演奏、その後ピアノと尺八は多分即興での
やりとりだったと思います。ブラボー。

本当にあっという間の2時間でした。


全体的な曲のアレンジとか、CDとは少々違ってて、でも道山さんが楽譜に目をやっている
所を見ると、新たにアレンジを加えたのでしょうか~?
ちょっとした事で、曲のイメージが膨らんだり、もっともっと素敵になったり、曲が更に重厚に
なったり・・・色々と聞き応えがありました。


アンコールは「見上げてごらん、夜の星を」最後はキラキラ星っぽいアレンジ。
そしてお次は、金沢でいち早く重大発表が!!
それはご本人達から近々正式に発表があると思います。
ヒントは・・・妹尾さんのブログの「とあるビックプロジェクトの収録が・・・」の話です。
ちょろっと演奏していただきました!!
その時古川さんが「俺の楽譜、ないんだけど・・・・・」
そんな訳で、道山さんの尺八とピアノバージョンで。

最後の最後は「風の都」
この曲も、聴けば聴くほどに味わい深い、素敵な曲です。
やはり「儚げ」なんだなぁ~。

最後に握手会に参加してきました。
ドキドキ・・・
でもお三人さんとの流れ作業なので、本当に一言感想を述べるのが精一杯。
道山さんに質問したかったのだけど、出来ませんでした~(泣)
お紅茶の貢ぎ物(笑)を渡すのが精一杯。
「普段見せないような笑顔見せちゃって・・・まったくー」と呆れ顔の夫でした。

この話(質問したかったのに出来なかった)を、あとで夫にした所
「俺も道山さんに聞きたい事があるよ~!あんなに尺八持ってて、それぞれ名前とか
つけてるんですかーーー?」だって。お馬鹿!!!
(ステージ上に、尺八を6,7本置いてて、曲ごとや音によって変えたりしてるのです)

3rdアルバムのご予定は??も、聞きたかったわ~。
d0098619_19405391.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2009-03-24 23:40 | 古武道 | Comments(6)