私がちょっとテンション低い所に、ナイスなタイミングでお誘いが。
やっぱり弱音はチョロチョロ吐いておくべきですね(笑)。

東京の、3本の指に入る老舗ホテルの創始者が富山出身という事らしく
支店があるのですよ、県内に。
今日はそちらで東京のホテルのお味をいただけるフェアをやっていたので
14Fのトップレストランへ。
(今回、超辛口なので名前は伏せますが、県内の方にはバレバレ・・
ですね。ご容赦下さい。個人的感想なので)

東京のホテルは勿論、あちらにいた時には利用した事がありまして
友人の結婚式など何度かご招待いただきましたが、お料理が
本当に美味しい。宴会料理ですら、あのレベルなのですから、館内の
レストランやcafeのレベルの高さは、まさに日本屈指のホテルで
ございます。
私が独身の頃は今みたいな外資系ホテルラッシュ前だったのでね。
今回そこのシェフが監修したお味がいただけるとの事で、大変楽しみに
してました。

さすが最上階のレストランだけあって、見晴らしサイコー。
そしてお店の雰囲気は、広々として明るく、落ち着ける空間であります。
d0098619_1543039.jpg

奈良・鎌倉と並んで日本3大大仏といわれている、高岡大仏も見えますよ。
d0098619_15433720.jpg

私、富山に来るまで、ここにそんな大仏があるなんて知らなかったもので
車で偶然近くを通りかかった時に、突如として現れた大仏様に度肝を
抜かれた思い出が・・・・

さて、ランチ。
パスタランチとプリフィクスランチの2種類ありましたが、パスタのほうで。

最初の一口。
d0098619_15462722.jpg

さっぱりとしたお味。えびだっけタコだっけ?(私、ダメダメですね・・・)
奥はパン。胡桃やレーズンの入ったバゲットと、カレー味グリッシーニ。

前菜。
数種類から選べますが、私はマグロのカルパッチョ。
d0098619_15481598.jpg

美味しかったです。そして大根に隠れておりますが、後ろに水菜や食用お花が
きゅうりのスライスでクルクル巻いてあるものが、凝ってて美しい。

パスタ。
こちらも3種類から選べますが、私はグアンチャーレと茄子のスパゲッティーニを。
d0098619_15503282.jpg

目の前でチーズをすりおろしてくれました。
こちらは・・・・いやぁホントに、久々にビックリするほどの・・・はずし具合。
今時近くのイタリアンでも、こんなレベルの低いもの出て来ないよ・・という。
ベーコンがパンチェッタと呼ばれるものでして、脂身だらけ。
オイルもコテコテで、胃もたれしました。むー。
ホテルで、これはちょっと・・・

デザート。
ミルクアイスとフランボワーズシャーベット。珈琲と共に。
d0098619_15562077.jpg


あまりにコテコテして、自宅に戻ってからも珈琲で脂を流す・・感じ。
今回パスタランチにするかプリフィクスランチにするか、散々悩んだのだけど
これは吉と出たのか凶と出たのか?どっちだろうね~M子さま。
メインつきで、メインがイマイチだったら、立ち直れないものねぇ・・
やっぱり東京のシェフがいらした当日の、15000円ランチを頂かないと
ダメだったのね・・。

まぁ、お味は残念ではありましたが、気分が落ちてた私にさりげなく救いの
手を(お誘いを)差し伸べてくれた友人の心遣いに感謝。
そして、色んな話で盛り上がりましたが、不登校やら問題行動やらを
起こしてる身近なお子さんの話など聞くにつれ、元気に楽しく毎日学校生活を
送る事って実は意外と難しいんだなぁ・・・幸せな事なんだなぁ・・・などと
思ったりしました。
自分なんて一人で大きくなったような気分でおりますが、うちの親も色々
悩んだり心を痛めたりしながら、学生時代見守ってくれていたのだなぁ・・
なんて事も思ったり。

今育児で悩んでるわけではないのですけれど。
でもいつ自分の子供がどんな壁にぶち当たるか、わからないものね。

帰りにケーキショップで期間限定スウィーツを買おうと思ったのですが、
殆ど売切れでした(泣)
ランチ前に予約しておくべきだった・・・
d0098619_1619742.jpg

それにしても・・・・ばりばり富山弁な、このチラシ。親しみやすさを演出?


<おまけ>
近くの化粧品店では、エビちゃんが美白パックをしておりました(笑)
d0098619_16571012.jpg

これはないやろ~・・・・
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-30 16:57 | ランチ | Comments(2)

秋本番

ここ数日で急に寒くなりましたね。
週末慌てて、洋服の入れ替えやら冬用布団を出したり大忙し。
今日なんて、長袖を通り越してパーカー羽織る程の寒さ。
手足の冷えがひどくて、指先が氷のように冷たいわ・・・

最近ジムに行く気力が全く湧かず、ずっとおサボり。
春からシステムが変わったり、格安ジムに変貌した為急激に会員が
増えて居心地が悪かったり、インストラクターがコロコロ変わるのが
イヤだったり・・・まぁ原因は色々あったのですが。
もう今月で解約しちゃおうかなぁ~などと思いつつ、久々に。

やっぱり身体を動かすと冷えも解消するし、心がクサクサしてたのも
消えてなくなるし、身体が健康でないと心も健康でいられない事を
実感。
そして、10月からスケジュール変更で、スタジオエクササイズの方が
結構参加しやすくなったので(個人的嗜好として)もう少し頑張って
みようかと思いました。
中年特有な、上半身丸みを帯びてきたしねぇ~(泣)

<今日の夕食>
秋茄子丼、カニクリームコロッケ、白菜と水餃子のスープ、
小松菜のおひたし、巨峰、柚子ピルスナー
d0098619_19483252.jpg

柚子ピルスナー、喉元過ぎるとほのかな甘みが。
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-29 19:49 | 雑感 | Comments(0)

嘘泣き?

次女のお友達のピアノの発表会、聴きに行った時の事。
次女の幼稚園時代の友人が大集合で、プチ同窓会みたいな
感じで、子供達盛り上がっておりました。

そこで女の子達が輪になっておしゃべり。
私も横でさりげな~く聞いてたら。

「ねぇねぇ、嘘泣きした事ある??」

・・・・・唖然。

子供のくせに、まぁなんていう事を。
次女がにやぁ~っと笑ってるので思わず「Mちゃん(うちの次女)はよぉく
嘘泣きするよ~、お姉ちゃんが意地悪した~って」と私が言ったら
そこにいた女の子達みんな「私も~!!私も~!!」の大合唱。
嘘泣きって、一応策略な訳だから、あんまりおおっぴらにすべき事では
ないのだが、それを素直に告白しちゃう所が、まだまだお子ちゃまでは
あるのですが(苦笑)

このメンバー、第二子、第三子の子が多いのね。
兄弟がいると、周りをよく観察してたり、親の気を惹こうとしたり、まぁ色々
自然と身についちゃうんですわ、小賢しい振る舞いが。
長女の方は、友達が第一子が多いので、素直というか、幼稚というか
カラーが全然違いますね~。

たとえば。
長女の方は、夕食など本当に美味しい時しか「ママこれ美味しいね」と言わない
のに対して、次女はママを喜ばせる為に「今日のご飯美味しい」とリップサービス
が出来る所など。
(私も自分が長女なので、そういう所がよくある。本音でしかしゃべれない)
周りから愛されて当然な第一子と、親の愛を独り占めしたい第二子
との違いかなぁ・・・

同じように育ててるつもりなのに、面白いわ。
でもあんまり涙を武器にするような女には育って欲しくないからねっ・・・。
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-28 23:20 | 子育て | Comments(0)

最近の読書

夏休みも終わり、あっという間にひと月経ちましたね・・・
ようやく生活が落ち着いてきたので、夏の間に購入してた本などを
読みまくってます。

そして、夏の間ずっと「一人でのんびりcafeで読書」に憧れ続けて
秋の訪れを待ち望んでいたのに、実際いつでも一人ランチやお茶
出来るようになったら、何だか寂しくてダメ。なんなんだ?
秋だから?人恋しい今日この頃。
でも当日いきなり誘って遊んでくれるほど、皆ヒマじゃないよなぁ・・
なんて思ったら、余計に寂しくなってしまった秋でした。
少々情緒不安定でしょうか??

さて、読書記録。

宮部 みゆき 「おそろし」

面白かったです。この人の本は殆ど読んでますが、「やめられない
とまらない・・」状態で、毎回分厚い本もあっという間。
時代物なのですが、基本的に真の悪人が出てこないのが、安心して
読めるところかなぁ。

ある事件を境に心を閉ざした女の子が、叔父夫婦の家に預けられる
のですが、そこで「変わり百物語」を聞くようにいいつけられる。
来客の不幸で不思議な話を聞くうちに、女の子の心を溶かし、やがて
自分の事件にも向き合うように・・・・といった話。
今回は、百物語の始まり・・・という事で、もしかして百話ホントに続く
のであろうか??そうなら続編がとっても楽しみだわ。


重松 清 「季節風*秋 少しだけ欠けた月」

これも連作。季節風*春 から始まって、夏、秋で3作目。
12編の短編から成る本です。
重松さんの本も好きでよく読みますが、あまりに沢山読みすぎて
設定が段々、どの話も似かよってて新鮮味がなくなってしまったのが
(私の中で)少々残念。
でも家族の話など、どこにでもありそうな、ちょっと悲しかったり
後悔したり共感できる部分が多くて好き。

そして短編なので読みやすいから、長女が愛読。
親子で同じ本を読めるようになるなんてね~、感無量です。
でも・・・・もう少し日本の古典名作なども読ませないと。
芥川とか夏目漱石、井上靖など、自分が小学校高学年の頃には読んだ
(読まさせられた)ものとか、そろそろ・・・ね。

海堂 尊 「ナイチンゲールの沈黙」

ご存知「チームバチスタの栄光」の続編。
とにかく面白い。特に厚生労働省の白鳥、頭の回転早くて、そしてちょっと
空気読めない、強引で強烈なキャラが・・・・面白すぎ。
今回は途中で犯人がわかっちゃったのではありますが、個性的な登場人物
が生き生きとしてて、これも「やめられない、とまらない」でした。

そして今度の新ドラマ「チームバチスタの栄光」も楽しみですね。
原作読んじゃうと、役者さんのイメージが本とちょっと違うんだけど・・・白鳥。
そして、ドラマの音楽担当が古武道の武こと、妹尾武さん。
それも楽しみです(って今週、古武道祭りですわ~私の中で)

<今日の夕食>
マカロニグラタン、シーチキンサラダ
d0098619_1971577.jpg

急に寒くなってきたので、グラタン。熱々で美味しい♪
でも毎回ホワイトソースが納得いく出来にならないんだよなぁ。
今回は量が少なめだったのと、もう少し水っぽくサラサラなソースに
したかったわぁ。ボテって感じだったので。
グラタンに限っては、ファミレスの安っぽい味が好き。
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-26 19:07 | 雑感 | Comments(0)

県内のパン屋さんでベーグルを扱っているお店、少ないのですが
(あってもプレーンとブルーベリーだけとか)
意外な所で発見しました。

ハンバーグで有名なキャセロールの姉妹店のブーランジェリーです。
オープン当初、お客さんが押し寄せ、いつ行ってもパンがない・・のと
お店も駐車場も狭すぎて、足が遠のいておりましたが、久々に行ったら
ベーグルコーナーが新設しておりました。
6種類ほどあったかな。

本日購入はこちら。
炒め玉ねぎのベーグル、チョコベーグル、ゴマとさつまいものベーグルと
チョコクロワッサンです。
お店には他に、レーズンシナモン、ミックスベリー、ブルーベリー、プレーン
などありました。
d0098619_19591035.jpg

そんな訳で今日のお昼に早速。
玉ねぎのベーグルは、私の好きなジュノエスベーグルでもお気に入りだったの。
香ばしい香りが食欲そそるんだよね。でも夏に羽田店では消えていて残念
だったから、今回出会えて嬉しい。
表面には岩塩がまぶしてあって、食事用にぴったり。
d0098619_203243.jpg

ベーグルにはレタス・ハム・チーズを挟んで。
なすのマリネと、これまたキャセロールの定番デザート、洋ナシのタルトです。

申し訳ないけど、個人的にキャセロールがなぜあんなにも県内の人に愛されて
いるのか不思議・・・・なのです。
なので、ここのブーランジェリーも足が遠のいておりましたが、ベーグル好きな
私としては、ちょっと見直したぞ!って事で。

<今日の夕食>
酢豚、海鮮巻き、にんじんサラダ、なすのベーコン煮
d0098619_20125731.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2008-09-25 20:13 | グルメ | Comments(0)

みゅーじん

実家の母にビデオの録画をお願いしてた「みゅーじん」届きました。
8月の古武道のコンサート時に、テレビカメラが入っていて
「古川展生の密着取材をしてます」って紹介もあったので
楽しみにしてました。

古川さんの普段の様子、都響の主席チェリストとしての顔、後輩を
指導する厳しい一面、亡くした友人を想って作られた曲の話、そして
古武道として活躍する姿など盛り沢山で、すごく充実した内容でした。

初めて古川さんの演奏を聴いたのは、2年前の妹尾さんのコンサート
チェロのソロの演奏というのはその時が初めてだったので、深みのある
豊かな音色に感激したのを覚えてます。
その時は、ダンディな大人の雰囲気漂わせてて、近寄りがたい印象
だったのだけど、今回のテレビや古武道でのはじけっぷりなどから
ちょっと親近感みたいなものも芽生えつつあります。


8月のコンサートでは、ホントに目の前で演奏する姿を見させていただいた
ので、「こんな音も、あんな音も、古川さんが出してたのね・・」みたいな
CD聴いているだけではわからなかった超絶技巧が繰り広げられて
本当に素晴らしかったのだけど、その時の演奏の様子もじっくり映っていて
嬉しかったわぁ~。あの日の感動がよみがえりました。

そして観客席のワタクシもチラッと映っててビックリでした。
母に言われなきゃ気づかなかった位、一瞬ですが。
(よく気づいたな・・・親ってホントにすごいのね。愛が深い)

今度は古川さんのソロや都響の演奏も聴きに行ってみたいわぁ。
道山さんからどんどん繋がって、広がっていく音楽の愉しみ。
出会いに感謝。

<今日の夕食>
さんまの塩焼き、豚汁、ふくらぎのお刺身、もやしの胡麻和え、ご飯
d0098619_2231496.jpg


<機能の夕食>
サーモンのマスタードクリーム煮、にんじんサラダ、トマトと卵のスープ、ご飯
d0098619_2242015.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2008-09-24 22:04 | 古武道 | Comments(2)

おくりびと

今日は映画「おくりびと」を観てきました。
モントリオール国際映画祭でグランプリ受賞した作品という事で
話題となっていますが、監督さんが富山出身という事で、県内でも
特に注目されている作品です。
そしてワタクシ的には、古武道の古こと、古川展生さんが劇中のチェロの曲を
演奏されているという事で、「これは是非観に行かねば~」
と楽しみにしてました。
(道山さんが劇中の尺八を担当していた、武士の一分は観に行かなかった
んですけどね・・・キムタクに興味がなくて・・・ホホホ)

本木雅弘さん演ずるプロのチェロ奏者が、楽団の解散で失業してしまい
故郷の山形に帰って、ひょんな事から「納棺師」として仕事を始める・・という
お話。
お話の内容的に、観客は高齢の方が多く、平日なのに結構席が埋まっていて
ビックリ。(平日は結構ガラーンって感じなのでね)

人の死に立ち会う・・という職業なのですが、全体的に笑いのエッセンスが
散りばめられていて、もっくんのシリアスな表情とコミカルな演技のバランス
が絶妙。
そして、客層が高めな分、とても素直な反応で、ちょっとした場面ですぐ笑い声が
おこったり、感動の場面では啜り泣きが聞こえたり、臨場感あふれる会場で
皆が一体となって映画を楽しんでる感が伝わってきました。

号泣ポイントが私の中では2ヶ所ほどあって、笑って泣けて考えさせられて・・と
映画が終わった後はすっきりとした爽快感。
唯一残念だったのが、主人公の妻かな。若すぎ。恋人ならあれでいいんだけど
妻にしては、舌足らずな甘えた口調が癇に障って・・・ダメでした。
男の人はいくつになっても、ああいうのがいいんでしょうかね~・・・・と
もっくんと同じ年の旦那を持つ私のささやかな疑問。

映画を盛り上げる音楽。
ここぞ!という場面でグワ~っとうねるチェロの音色が素敵でした♪

そして古武道つながりで、日曜日はNHKの「課外授業 ようこそ先輩」に
藤原道山さんが講師として出演されてました。
勿論楽しみにしてて、リアルタイムに見ておりましたが、番組が始まってすぐに
友人から「今、道山さんNHKに出てるよ、見てる?」なーんてメールがあり、
嬉しかったな。

尺八って、音を出すのでさえ難しい楽器なのに、課題曲として「かごめかごめ」を
演奏することに。
また、尺八を使って色んな効果音(自分の音)を作り、曲から連想するイメージに
その音を絡ませていく・・・という作業。
グループで曲のイメージを絵にして、波の音や汽笛、おばけの笑い声等を
織り交ぜながら発表していました。
音を作ること=表現すること、思いを伝えること、の大切さ。などを再認識。

私以上に、横にいた次女が真剣な顔して番組を観てました。
5月の松本の時に「道山さん、すごく優しかった~」と感激してた次女。
番組でも、一人ひとりに暖かいまなざしで丁寧に、根気よく教えていらした姿が
素敵。
「恥ずかしがらないで。これが自分の音だと自信を持って!」とか「出来ないと思うと
絶対に音が出ないから。自分は出来る!と思ってやってみて」などのアドバイス。
グループがうまくまとまらない子供達には、話し合って協力することの大切さを
諭すように話しておられました。

「壁を乗り越えることの大切さ」がテーマの授業。
30分に収まりきらない、子供達の頑張る姿と道山さんの思いが、こちらにも
ヒシヒシと伝わってきました。

30分ホントにあっという間。
いいなぁ、私も習いたい・・・笑

そして日曜日の夜、テレビ東京の「みゅーじん」では古川展生さんの密着取材。
テレ東は富山では見られないので、実家の母に録画をお願いし、DVD送って
もらう事に。楽しみだ~♪♪

<今日の夕食>
ロールキャベツ、かぼちゃのサラダ、白パン、ワイン、梨
d0098619_2053941.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2008-09-22 21:05 | 古武道 | Comments(0)

杉の井@金澤

友人達との大切な時間。
d0098619_15521111.jpg

今回は金沢の老舗料亭「杉の井」にて、心の洗濯を。
d0098619_15524216.jpg

犀川沿いにある明治時代後期の建物で、玄関のアプローチから一歩中に足を
踏み入れると、非日常の空間へと誘う和の空間。
素敵なお庭に面したお部屋(8畳ほどの個室)に通されました。
障子やふすまの仕切りではなく、竹。
細い竹の隙間からお庭が眺められ、風や外の虫の音などがBGMです。
勿論エアコンもつけられているのだけど、外の空気も入ってくるので
(虫も・・笑)ぶたの蚊取り線香もたかれておりました。昭和だ~。
d0098619_15581840.jpg


女性コースをいただきました。
蓮根の豆腐仕立てと梅酒。
d0098619_15591939.jpg

お料理。
d0098619_1559479.jpg

金沢名物、治部煮をはじめ、焼き物、刺身、えび団子、滋賀の名物、赤い蒟蒻の
酢味噌和え、鴨のロース、イチジクのシロップ煮など。
ご飯と赤だし、香の物。

デザートはこちらのお店の名物、くずきり。
d0098619_1663514.jpg

「作り立てが一番美味しいので」とのこと。
黒蜜につけていただきました。

とても静かな空間で、細かい欄間の彫刻など歴史を感じさせる建物、日本庭園
を眺めながらの優雅な時間、加賀の伝統料理を満喫。

楽しい時間はホントに、あっと言う間に過ぎてしまいます。
「次はどこに行こうか~」などと話しつつ、解散。
こういう和食は目でも舌でも楽しめますし、子連れでは行けないので
(子供って和食あんまり喜んでくれない・・ので)
素敵な友人達と楽しみを共有する事にいたしますわ。
「スペシャルなお出かけ!」っていう事で、おしゃれにも気合が入りますし。
(そういうのに手を抜き出すと、一気に老ける・・・まぁ確かに最近
正直面倒くさいなぁ・・なんて思う瞬間もあるのでね。自分を鼓舞)
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-20 16:18 | ランチ | Comments(0)

甘納豆 かわむら

今日は友人達との不定期開催「グルメの会」で金沢へ。
その帰り道、西茶屋街にある甘納豆のお店に寄り道しました。

そういえば前回6月の「グルメの会」、ひがし茶屋街のお店に行った
のだけど、この夏の集中豪雨で浅野川が氾濫し、東山の辺りは被害直撃。
お店に直接の被害はなかったようですが「あのタイミングで行っててよかったね~」
などと話しておりました。

d0098619_19352569.jpg

甘納豆 かわむら
風情ある町並みの一角にありました。
店内、色んなお豆で作られた甘納豆が。
悩みに悩んで、この2点。
d0098619_19365673.jpg

白花甘納豆と、栗。

家に帰って早速、いただきました。
お茶は、これまた友人からの頂き物。
リッツカールトンのショップで売られている中国茶。
d0098619_19382441.jpg

ふたをあけると茶筒のような形でした。これは便利!
d0098619_1939097.jpg


ではでは、いただきま~す。
d0098619_19392021.jpg

お豆の甘みが口の中に広がりました。優しい甘み。
若い頃は見向きもしなかった甘納豆、こういうものが美味しく感じられる
ようになるなんて、大人になったわ~。
昔は栗もそんなに好きじゃなかったのになぁ。

<今日の夕食>
豚キムチ・温玉のせ、蓮根はさみ揚げ・抹茶塩、冷奴、
きゅうりともずくの酢の物、ご飯
d0098619_19463823.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2008-09-19 20:54 | グルメ | Comments(2)

24センチ!!

新学期に入る前に、子供達の靴を新調したりしますよね。
長女の靴は夏休み前に購入してて、ちょっと遅れたけど今週
おろしてあげました。

そしたら・・・「ママ、この靴小さい!」
「え、ウソでしょ?23センチだよ」
「だって親指が先に当たって痛いもん」

ビックリしました。
この春「もう23センチになったの??」と驚いたばかり。
慌てて近くのショッピングセンターに走り、スポーツシューズ専門店
に行ったのだけど、23,5センチもきついって・・・・
とうとう、「瞬足」の24センチを購入。
24だって・・・私でさえ23センチなのにぃ~。


そして、キッズコーナーでは24センチなんて殆ど置いてないのね。
もう、婦人靴コーナーでスニーカー購入せねば・・です。
Pumaやナイキ、アディタスなんかの格好いい靴「買ってあげようか?」
と言ったら、長女「え、ダサい」
なんでー??大人っぽいシックな色がお気に召さないらしく。
どうやら私がパッパと「これどう?履いてみて。どっちが好きなの?」と
どんどん決めるのが、頭ごなしに言われてるようで反発・・みたいデス。
超せっかちママと、マイペース長女のバトル勃発でした。
時間は限られてるのよ!!!!!

靴のサイズが変わると、通学用2足、上履き、学校用外履き・・と一気に
4足購入せねばならず、しかも次女も・・なので8足ですよ!!
なんか、一年中靴ばっかり購入してる気がするわ。
あぁ、雪用ゴム長も買わねば・・・


<今日の夕食>
蓮根のはさみ揚げ、春雨サラダ、坊ちゃんとうふの「摘み湯葉」
ご飯、さつまいもの味噌汁、ぶどう
d0098619_20123841.jpg

蓮根はさみ揚げは次女と一緒に作りました。いい助手だ~!
こうやってお手伝いしてくれて、段々お料理好きになってくれたら
いいなぁ~。
長女とはじっくりそういう時間が作れなかったのが後悔。
いまや学校から帰ってくるの遅くて、宿題やピアノの練習優先だと
料理手伝わせる時間が取れず。
でも中学生になったらもっと忙しいよねぇ・・・・何とか時間のやりくりを
うまくせねば。

今日は高岡にある「坊ちゃんとうふ」初来訪です。
d0098619_2015334.jpg

去年?一昨年?オープンしたての冬に「豆乳鍋行こう」と誘われたの
だけど、未だに行けてません・・・ランチで鍋って、ちょっと重いよね?
(私だけ?)
お店に入ると、試食させてくれたのが、この「摘み湯葉」
ゴマ豆腐の豆乳版・・みたいな食感。もちもちっとしてて。
その他、豆乳の試飲まで。超親切なオーナーさんでした。
豆乳ソフト、食べれくればよかった・・・と激しく後悔ですが、摘み湯葉と
寄せ豆腐を買って帰りました。
美味しかったです。
[PR]
by mino_1968 | 2008-09-18 20:25 | 子育て | Comments(0)