小松弥助@金沢

いつもの「美味しいものを食べましょう」メンバーで、金沢へランチ。

今回はお寿司です。
パン教室の先生が「ここ、是非是非行ってみて~、もう感動するから!!!」と
大絶賛されていたので、予約を取りました、3週間前に。
予約が中々取れない位の人気店という事で、期待に胸も膨らみます。

お店の名前は「小松弥助」片町のAPAホテル1階にお店があります。
銀座「久兵衛」の先代が「小松弥助」のご主人のことを【日本一のお鮨を握る職人】と
言ったとか。

カウンター席を用意していただいたので、ちょっと緊張・・・
でも、お店はテーブル席1つと、カウンター10人ほどの広さです。
そしてカウンターならではの楽しみ、ご主人の手元がよく見えて、無駄のない職人芸に
見とれながら、ワクワクしつつお寿司を堪能しました。

そして、70代?くらいのご主人が、とても暖かい雰囲気を醸し出されてて、気さくなの。
(今回、カウンター全席、若い女性って事で、特にご機嫌だった??のも、あるかな)
妙な緊張を強いられる高級寿司店とは真逆な、居心地のよい素敵な空間でした。

さすがに今回は写真撮れないよなぁ~なんて思ってましたが、お隣のお客さんが
おもむろにカメラを取り出しても全然嫌な顔もされず・・・だったので、ワタクシも。
観光客も多いからでしょうね。

最初にイカ。細切りにしてあり、細工の細かい一品。
炒った胡麻がまぶしてあって、香ばしい。
お醤油をつけなくても、そのままで充分な美味しさでした。
写真、相変わらずイマイチです・・・
d0098619_19533116.jpg


あぶりトロ。最後にかぼすを絞ってるせいか、さっぱりとしたお味。
d0098619_1956879.jpg


甘エビ&バイ貝。
d0098619_1957214.jpg

d0098619_19571911.jpg


利尻島のバフンウニとまぐろのづけと、とろろ。この下に酢飯。
「この器に負けないよう、新鮮なうにを使って、心をこめて作っている」というような
お話でした。
d0098619_21111046.jpg


あなごの白焼き。
d0098619_20382347.jpg


最後の巻物。うなぎときゅうり。
「写真用に造る?巻物にする?」と聞いてくださり、せっかくなので写真用で(笑)
d0098619_20403753.jpg

パリッパリの海苔と、熱々のお寿司・・・というのが面白くて、見た目も素敵。

ここでコースは終了。あとはお任せで握ってもらいます。
が、我々はこの後スウィーツも頂きたいし~という事で、これにて終了。

最後に「今度は親御さん連れていらっしゃいよ」などと、人生の先輩的な優しい
ご主人のお言葉。
東京から出張で来たサラリーマンの人が、こちらのおすしを食べて「母親を
連れて来てやりたい・・」と、しみじみと言ったのだとか。
「両親連れてきました~」と再度来店してくれた別のお客さんは、親孝行だね~
なんてポイント高かったのに、お会計は両親もちだった・・・なんて笑い話も織り交ぜ
つつ。

ご主人のお人柄がにじむ、温かみのあるお店の雰囲気も、もちろんお味も、大満足で
ございました。

そしてスウィーツは・・・・明日へ続く。

<今日の夕食>
ビーンズグラタン&プチパン、鱈ソテーと水菜のサラダ、残り野菜のコンソメスープ
d0098619_20595848.jpg

<昨日の夕食>
ぶりの刺身、かぼちゃ煮物、ブロッコリーのタルタルソースのせ、蓮根とツナの炊き込みご飯
もずくの味噌汁
d0098619_210561.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2009-03-13 21:01 | ランチ | Comments(0)