クリスマスパーリィー@薪の音

友人との忘年会。お気に入りのフレンチのお店に行ってきました。
里山のオーベルジュ、薪の音

  過去記事1 記事2

最初の一品。カブのムースの上に、香箱カニのジュレ。
d0098619_19501537.jpg

前菜は、蕎麦粉のガレットに、ふくらぎをさっと炙ったもの、赤カブ等の
カルパッチョ。カリカリに揚げた野菜がアクセントに。
d0098619_19515386.jpg

スープは、白子やホタテの入った魚介のスープ。焼いた長ネギが甘くて
美味しい。白子も濃厚で・・・・うーん、美味過ぎる。
d0098619_19533530.jpg

メインはお肉で。牛フィレ・キッシュ添え。
写真にはないけれど、根菜の煮物も。
d0098619_20433564.jpg


バゲットと共に。
希望すれば、かまどで炊いたご飯とお味噌汁がいただけますが、ゆっくり
食事を楽しんだので、既に満腹。

デザートは2種。
フォンダンショコラか、柿と白ごまのブランマンシェかで、選べました。
他の皆がフォンダンショコラにしたので、ワタクシは柿のほうで。
焼きたてのチョコレートの甘い香りが漂う中で、あっさりとしたデザートを
いただきましたが、コースでかなり満腹だった私にはこちらの方がよかったです。
葛で作った白ごまのブランマンシェがもっちもちで、かつあっさり。
d0098619_1959966.jpg

食後にコーヒーをいただきました。

個室でのゆっくりとした時間の流れが、師走の慌しさを一瞬忘れさせてくれました。
友人達との温かな時間。お互いの一年をねぎらいつつ、趣味の話や心のもやもや
など、聞いてもらってホッとしたり、元気が出たり。
子育ての悩みや葛藤、心配や不安で押しつぶされそうになったり、自分や家族の事
など日々の生活では色々ありますが、決してベッタリ・・という訳ではなく、絶妙な
距離感で寄り添い、共感してくれる友の存在は、自分にとって欠かす事の出来ない
大事な宝物。

今年も一年間、本当にありがとう。
私も、話ならいくらでも聞きますので(笑)
ない知恵絞って、よい方向に向かうよう、みんなで頑張りませう。
来年以降も、よろしくお願いしますね。

窓の外に広がる、北陸の冬とは思えないほどの澄み渡った空と、雄大な自然の風景。
d0098619_20271762.jpg

癒されました。大好きです、こちらのお店。
車で30分弱で、ちょっとした旅行気分も味わえて、リフレッシュです。

かつて県外出身の友人が「せっかく富山に住む事になったから、こういう所に住みた
かったのよ~」と無邪気に言ったのに過敏に反応した、私とIさん。
現実問題、無理でしょう。
やはり、たまーに来るから癒されるのだよ。今の住まい(市)で満足です、はい。

<今日の夕食>
厚揚げと豚肉のテンメンジャン炒め、大根とホタテのサラダ、ご飯、若竹汁
d0098619_20383768.jpg

[PR]
by mino_1968 | 2008-12-17 20:38 | ランチ | Comments(0)